リロケーションでマンションを貸すときの注意点

家族で海外赴任。空いた家はどうしよう

五年間に渡る海外赴任が決まってしまい、家族全員で行こうという結論に至りました。
分譲マンションを購入して長く生活していたので、五年の間はどのようにしようかと悩んだのですが、リロケーションの際にマンションを貸すという人も多いと知って、賃貸で利益を生めるようにするのも悪くないと考えました。
結論としては五年間の赴任を終えてまた同じ部屋で生活できるようになったので良かったのですが、赴任するまでに苦労も多かったのは確かです。
リロケーションをするときには注意点があるというのを予め知っておけばこれほどの苦労はなかったでしょう。
マンションを貸すと決めたときに相談したのは最寄りにあった不動産業者でした。
引越しをすることになって部屋が空いてしまうので賃貸経営をしたいという話をしたら、快く相談にのってくれてすぐにでも賃貸経営を始められる状況になりそうだったのは心強かった点です。
ただ、このときにリロケーションだと伝えなかったのがミスでした。
とりあえずは部屋の中を空にした方が良いから、家具や家電は処分してしまうか海外に運んだ方が良いと勧められたのです。

家族で海外赴任。空いた家はどうしよう / 家具や家電は海外に持っていけない / 満足のいく取引が出来た!